SEOリンク
XLRで野宿と林道ツーリング 2008年01月

XLRで野宿と林道ツーリング

XLRで野宿と林道ツーリング お散歩 料理 ほか

スポンサーサイト     --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山芋     2008/01/28

このところ山芋がマイブームであちこちで山芋の話ばかりしてる気がします。

山芋ってなんか心がうきうきします。柔らかいモチほどもネバリのある擂った山芋に顆粒の本だしやこんぶだしをかけ、
細かく刻んだネギを加え、ちょこっとしょうゆをかけ、丹念にかきまぜ、しかるのちすすり込み、と
イメージするだけでもハッピーになれます。 
yamaimo_1.jpg  げんこつ芋と書いてありますがやまと芋の一種でしょうか。 たしかに握りこぶしくらいの大きさです。
長芋とは比較にならないくらいネバリ気があります。
だし汁で溶くより下ろしたままの強いネバリをたのしむのが好きです。 

千葉のインターチェンジで買った山芋も旨かったな。都内のスーパーの一ヶ分の値段で5~6ヶ買えました。
子供のころ食った巨大な朝鮮人参みたいな自然薯が食べたいんですが。
yamaimo_2.jpg 
今日はふだん近くのスーパーで一ヶ298円のを消費期限切れ近くで100円で手に入れました。
ちょっと表面から根が伸びてます。
斑点状に白く何かが成長しようとしだしてますがキニシナイ。

うきうきしながら夕飯の支度をします。
今日は大好きな山芋に加えてさば寿司、なめこと豆腐のみそ汁と、好物づくしです。
別にめでたいことがあったわけでもないのにこんなぜいたくしていいんでしょうか。
みそ汁をつくり、山芋をよく洗います。
もったいないので皮などむいたことがありませんが擂っているとくぼみの奥から泥が出てきたりするので
注意が必要ですね。


ところが山芋を擂ろうとしましたがおろし金がどこに行ったのやら見当たらないんです。
すっげえイライラします。
なんでオロシ金がどっか行ったりするんでしょうか。 おろし金を台所以外のどこで使うのでしょう。
orosigane.jpg tororo.jpg 

小一時間も台所をくまなく探しても見つかりませんでしたがなぜか仕事机のうえにちょこんとありました。
わるびれた様子もなく。
ほんと先入観ってこわいですよね。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/28(月) 22:20:41|
  2. 今日のできごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハウス印度カレー     2008/01/24

寒いしどうしてもカレーに入ってるジャガイモのほくほくしたのが食べたくなって遅めに買い物に行きました。
ぼくの場合市販ルーというとだいたいジャワカレーかディナーカレーなんですけど今日は珍しくハウスの印度カレーが
売ってたので買ってみました。
印度といえばお釈迦さまですがやっぱしカレー食べてたんですかね。

house_indo_curry1.jpg

ニンニクを2カケ入れたのと辛さが物足らないのでトウガラシを加えた以外は箱の裏に書いてあるつくりかたのまま作り
ました。めんどくさかったんです。

ネーミングからして黄色くて粉っぽい昔のぱっとしないカレーのイメージを持ってたんですがそうでもなくて食べてみたら
けっこう美味しいじゃないですか。
ミクススパイスの小袋がついてて香りがいいです。ガラムマサラみたいなもんですよね。

できてみると見た目は妙にあかるい黄色でイメージどおりだったりしますが変なくせがないので自己流にアレンジして作る
ベースにいいかもしれません。
そういえば今はなき日本橋にあった名店「印度風カリーライス」(店名です)も明るい黄色だったよな。
味は大分違いますが。

でもいつも野菜ジュースを入れてみたり醤油やみりんを足してみたりとあれこれ手を加えるんですが余計なことしないほう
が意外とおいしいのかもしれませんね。 しばらくこれにしてみようかな。

  1. 2008/01/24(木) 23:55:52|
  2. お料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お釈迦さまの坐像     2008/01/17

前回記事のボロ市で唯一買ったものがお釈迦様の坐像でした。

といっても真ちゅう製の高さ28mm幅15mmの小さなグリコのおまけみたいなものです。
budda_front.jpg 
右手指を下に向け地面に触れている印を降魔印(触地印)といって
お釈迦様が修行しているときにじゃまをしようとした悪魔を追い払った姿なのだそうです。
この姿の坐像を「降魔成道釈迦如来像」というのだそうです。
清明さんのブログで知りました)
雑念や誘惑をしりぞけて悟りに達した35歳のときの姿のようです。

ほかにも阿弥陀如来をはじめ観音様や千手観音だの阿修羅だのいろいろ箱に入ってたんですが仏教聖典なんかたまに
ぱらぱら見たりしてたのでさいきん身近な感じがするお釈迦様にしたんです。信仰というよりどっちかいうと畏敬の対象
ですね。
どことなくつくりが素朴に感じましたしちゃんとインド系ぽい顔つきなのも気に入りました。

budda_back2.jpg 
ウラです。梵字でしょうか。
ありがたい言葉がかかれてるに違いありません。

でもこの 「降魔成道釈迦如来像」 他で見るものとなんかちょっと違うような気がするんです。
左腕の下になんかまるいものが写ってます。
買ったときはうかつにも気づかなかったんですが形状や位置関係から見てどう考えてもちんちんの頭ですよね。
けっこう大きい気がします。自分を基準にしちゃいけませんが。
budda_right.jpg 
さらに拡大してご覧ください

どういうことかとgoogleで 「降魔成道釈迦如来像 性器」 とか 「お釈迦様 ちんこ」 とかで検索してみてもわかりま
せんでしたし、だいいち検索してて大変ばち当たりな気になってきます。
それともただのジョーク商品のたぐいだったのでしょうか。

でもこう考えてみることもできます。
これは腕でちんちんを押さえつけるようにして性欲に代表されるさまざまな煩悩に打ちかとうとする姿をあらわしている
のだ、と。
魔とは自分自身のなかに潜む煩悩どものささやきではなかったでしょうか。
いいえそうですともそうにきまってます。

いやーホントいい買い物してよかったなぁー。


budda_size.jpg 
サイズ比較もかねて鮭缶をあしらってみました。
くろいのはこま犬の置物なんですが。

  1. 2008/01/17(木) 18:19:26|
  2. そのほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

世田谷のボロ市     2008/01/15

世田谷通りを通ったらまったくぐうぜんにボロ市をやってました。
430年もの歴史があるそうですが近くに住んでるわりに来たのは始めてだったりします。
ちょっとみちくさしてみます。

ただの骨董市みたいなもんだろうとタカをくくってましたがこんなに人が来るとは知りませんでした。
boro_hitogomi3.jpg 
骨董品だけじゃなくて日用雑貨、食品、衣類なんでも売ってそうでした。 
boro_kottou2.jpg boro_kottou4.jpg  
boro_omen.jpg 
boro_yakiin.jpg 
こちらは焼印屋さん。ぼくの苗字は見当たりません。  
boro_kottou5.jpg 
人ごみでよく見えないお店もたくさんありましたが屋根があるとちょっとのぞいてみたくなります。
boro_dojin.jpg boro_kottou3.jpg  
はるばるアフリカからも見物に来ていました。 
boro_ningyou.jpg 
服のない人形たち。なんか虐待された子供みたいじゃないですか。 この寒いのに。
boro_wagasi.jpg boro_gomgun.jpg
右はおばちゃんによる手作りゴム鉄砲の実演販売。ぴゅんぴゅん輪ゴムを連発で発射できます。 
エアガンでもぶっそうなのでこいつでサバゲでもやったらいいんじゃないでしょうか。
 
boro_police.jpg 
おまわりさんの見張り台の下もお店になってました。

なんかパレードみたいのをやってましたがよく見えませんでした。
ちょんまげの人が写ってますがカメラを高く上げて写したもので現場では見てません。 なんだったんでしょう。
boro_gyouretu1.jpg 

しかし平日だというのにすごい人出です。前にも後にも動かなかったりします。
どうやら世田谷のボロ市を甘く見すぎてたようです。
うかつに足を踏み入れると帰って来れなくなります。

  1. 2008/01/15(火) 22:43:04|
  2. 街の観察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

帰らざる河     2008/01/11

前回記事のジバゴさんのコメントがきっかけでマリリンの「帰らざる河」を聞いて、あらわなフトモモを喜んでいるばかり
じゃなくしんけんに感動しました。
マリリンの映画ってあんまり見たことないんですけどこの歌を聴いただけでマリリンモンローが容姿やセクシーさだけが
とりえの女優でないことが十分すぎるくらいわかりますよね。

The River Of No Return


If you listen you can hear it call
Wail-a-ree [wail-a-ree]
There is a river called THE RIVER OF NO RETURN
Sometimes it's peaceful and sometimes wild and free
Love is a trav'ler on THE RIVER OF NO RETURN
Swept on for ever to be lost in the stormy sea
Wail-a-ree I can hear the river call [ no return, no return ]
Where the roarin' waters fall wail-a-ree
I can hear my lover call come to me [ no return, no return ]
I lost my love on the river and for ever my heart will yearn
Gone… gone for ever down THE RIVER OF NO RETURN
Wail-a-ree wail-a-re-e-ee
He'll never return to me [ no return, no return, no return ]


美しい歌じゃないですか。
なんども映像を見てどっかでみつけた詩をみながらマリリンと一緒に歌い感きわまって涙するしまつです。

みなさんも一緒にどうですか。

  1. 2008/01/11(金) 21:17:17|
  2. そのほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こんぺいとうの踊り     2008/01/10

Dance of the Sugar Plum Fairy
 

せっかくyoutubeなのに動画じゃありません。
このかわいらしくてむじゃきで、ぼくだけかもしれませんがどこか残酷なイメージがうかぶような不思議な音楽がさいきん
耳に残って離れないです。
goo辞書によると sugar・plum 〔英古〕 キャンデー, ボンボン.だそうで日本語だと金平糖ってことになるんでしょうか。
「飴玉の精の踊り」よりはずっといいかもしれません。

この曲youtubeに映像と組み合わせたものやバレエやなんかいろいろたくさんありますけど聴いて浮かんだイメージ
以上のものもなかなか見つかんないし映像なんてむしろじゃまな気もします。
新鮮で100年以上昔の曲とはおもえないです。さすがキラーコワルスキー。いやチャイコフスキー。


ごぞんじかもしれませんが↓タダでたくさん聴けてありがたいサイトです。

クラシック名曲サウンドライブラリー

  1. 2008/01/10(木) 00:21:58|
  2. そのほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

千葉 保田漁港あたり     2008/01/06

釣りぞめに行きました。木更津のちょっと先あたりだと思いますが連れてきてもらってるのでよくわかってなかったりします。工業用地みたいですが何しろ海から吹く風が冷たくて寒かった。

野良犬が釣り人が与えるえさを目当てにきてました。
眉間にしわがよっていかにも不景気そうな顔をしてましたが人に危害を与えることはなさそうでした。
nora_turi.jpg 
たこやきスナックをひとつだけあげました。
ここは一緒に行った人が小さなカレイを一枚あげた以外ぜんぜんつれませんでした。

しかし寒いわ釣れないわじゃあんまりだろうということで場所を変えようということになり保田漁港にやってきました。ここはわかります。
hota_gyokou1.jpg 
第一投目けっこう強いあたりがあったのですが針を切られてしまい大変残念な思いでいっぱいです。

hota_gyokou.jpg 
ここは防波堤や地形のせいか天候の変化かそれほど風が来ません。
hota_gyokou2.jpg 
とんびがぴーひょろろと鳴きながら飛び回っていました。
食い物をとんびにさらわれるという噂を聞いていたので警戒しながら弁当を食いましたが大丈夫でした。
hota_tonbi.jpg 
けっきょく今日はちっとも釣れませんでした。
ま、こんなこともありますよね。

近くにある保田の漁業組合でやってる物産市です。
hota_kaisan2.jpg hota_himono.jpg
どれも美味そうです。店のわきで干物を干してます。横で試食用の干物を炭で焼いてました。
これをを出すとみんなつまんであっという間になくなります。

hota_kaisan1.jpg   
さわらの干物の試食をしましたが炭で焼いてるせいもあるのかじつに美味かったです。
だいたいさわらといえば西京焼きくらいしか食べたことなかったんですが干物がこんなにおいしいとはしりませんでした。

格安ってほどの安さでもないような気がしたんですがクオリティの高さを考えると、もって帰ることとか余計なこと考えず
買っとけばよかったな、とちょっと後悔してます。

  1. 2008/01/06(日) 00:56:21|
  2. 自然観察とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

初もうで (のようなもの)     2008/01/04

ここ何年か初参りのためにわざわざ出かけるということがなかったりします。
ついでと言ってはばちがあたりそうですが通りがかりに靖国神社で初もうでです。

さすがに4日ともなると人ごみでごった返すこともないようですが境内はにぎやかです。
yasu_sandou.jpg 

よくわからなくて恐縮ですが櫻川ぴん助さんという江戸芸かっぽれの第一人者の一座(?一門?)のみなさんによる 初奉納をやってました。
「かっぽれかっぽれ甘茶でかっぽれ」ってやつです。
靖国神社のイメージと違うような気がしますがぼくの無知からくる偏見なのかもしれません。
yasu_kappore2.jpg 
yasu_kappore3.jpg yasu_kappore.jpg 
「櫻川ぴん助」さんはは女性のようですがどの方がぴん助さんだったのかよくわかりませんでした。
なんとなくおばちゃんの割合が高い気がします。  
yasu_shishi.jpg 
獅子舞もかっぽれのみなさんです。
yasu_honden.jpg 
本殿のまん前でやってました。

休憩所には食堂もあったりしておでんや酒も売ってます。(右は前の写真です)
yasu_kyuukeijo.jpg yasu_shokudou.jpg 
靖国神社って行くとふだんも骨董市をやってたり、奥のほうにある遊就館にはゼロ戦や大砲が展示されてたりとけっこう飽きないです。
靖国ならではのみやげ物なども充実していて誤解をおそれずいうとわりと楽しいです。
こういう神社をつくらなくていい世の中が一番いいのでしょうが。

zero_sen.jpg taihou.jpg 
弾痕がなまなましいです。(左右ともちょっと前の写真です)

中にある掲示板に特攻隊の方(なのでしょうね)の親族にあてたメッセージがかき出されていました。
同じ内容の紙が手前に置かれて持ってっていいようになってます。
yasu_keiji.jpg 

こういうのを見ると甘ったれた気持ちで神様にお願いなんかしてる場合じゃないなと正気に戻してくれるのも靖国神社の
いいところかもしれません。

灰皿には「トラック諸島遺骨収集記念」と書いてありました。
yasu_haizara.jpg yasu_hato.jpg 
手品用みたいな白いハトがたくさんいました。外では見ないので神社に飼われているんでしょうね。

yasu_torii.jpg 

そんなわけでお願いごとは遠慮しときましたが 正月だしあまり深く考えなくてよかったんでしょうか。

  1. 2008/01/04(金) 20:24:20|
  2. 街の観察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おねんが     2008/01/01



nenga_09.jpg

  1. 2008/01/01(火) 16:51:28|
  2. そのほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2