SEOリンク
XLRで野宿と林道ツーリング 2008年08月

XLRで野宿と林道ツーリング

XLRで野宿と林道ツーリング お散歩 料理 ほか

スポンサーサイト     --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シオヤアブ その2     2008/08/28

昨日は久しぶりに青空が見えたと思ったらまた雨-曇りみたいです。

いつもの公園でなんか妙なうごきをしているゴミみたいなものが落ちてるなと見てみたら絡み合ったメスのシオヤアブでした。
sioyaabu2.jpg 
メスは尾の白い毛がないようです。 (オスはこちら
sioyaabu2_1.jpg 
身動きできぬようにがっちりきめる様は最近の総合格闘技を思わせるものがあります。
sioyaabu2_2.jpg 
バックを取ったやつの腹が、んぐんぐと波打ってました。
ひげにかくれてくちばしはよく見えませんが体液を吸ってるようです。
桜庭選手が試合中に相手の体液を吸いだしたら大変なことになるでしょうね。


スポンサーサイト
  1. 2008/08/28(木) 08:20:49|
  2. 自然観察とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

'08帰省ツーリング 後編     2008/08/19

富山の天気はすぐれませんでしたが退屈なので雨中ツーリングもまたよかろうと東京にもどる事にしました。
ぎっくり腰対策はできてませんでしたが雨対策はそこそこかんがえてました。

出発直後から雨は降り出しましが岐阜に入ったあたりから日が差してきましたのでちょっと遠回りしてR360号を
通ってみることにしました。
08_R360.jpg 
41号線ともまた違ったのどかな雰囲気が好きです。 
iki_rout.jpg  
写真を撮ってるとやたらリュックやバッグの黒い部分にでかい黄色っぽいアブがたかってきましたが今思えば花アブだったかな。
08_R360_2.jpg 
R360沿いに通る高山本線。
飛騨高地の山間を縫って富山-岐阜間をつなぎます。
08_R360_takayama3.jpg 
汽車が走ってるところを見たかったかも。 
08_R360_takayama2.jpg 
08_R360_takayama.jpg 
のんびりお弁当でもつつきながらいちど乗ってみたいものです。

塩尻のくるまやでネギみそラーメンと餃子・ライス。
餃子の150円サービスは平日だけだったそうで注文したのはしくじりました。
ひたすら走り、諏訪を抜けて山梨に入ったあたりからまた降り出しました。
08_ohtuki2.jpg 
都内までずっと雨でした。 休憩もそこそこのせいか尻が痛いです。
08_ohtuki3.jpg 
大月あたり。

休憩を含めて10時間半くらいかかりました。
晴れてたらもう少し速いでしょうか。といっても晴れたら寄り道するでしょうけど。

腰は多少良くなりましたがまだいたいです。 次はまたのんびりとした旅がしたいものです。

  1. 2008/08/19(火) 19:13:03|
  2. ツーリングとかキャンプとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

'08帰省キャンプとか ぎっくり腰とか     2008/08/18

今年の盆の帰省はけっこう大変でした。
出がけに物が見つからなかったりとかしましたし、もしかしたら守護霊さんが行かないほうがいいと言ってたのかもしれません。

大月あたり(かな?)でカッパを着ようかと思案する間もなく大雨。 雲の足が速いです。
ずぶ濡れになりました。 ブーツの中にも水が入ってとても気持ち悪いです。
08_ohtuki.jpg 
カッパの用意はありますがかなり強い雨で雪洞で小一時間雨宿りしました。

夕刻もせまり、川沿いをもう少し良いロケーションがないかと散策してたら草に隠れてたポールに接触して転倒させてしまいました。
ポールとポールの間にうまく(?)挟まるような形に倒れてしまい、とても立て直しづらいです。
おまけに当たり所が悪くブレーキレバーと右ミラーが破損しました。
何より悪い事にバイクを起こすときにぎっくり腰をやってしまいました。 
08_pole.jpg 08_reba-.jpg 
荷物を降ろしどうにかこうにかバイクを立て直してレバーとミラーを応急補修しました。
ミラーは針金とインシュロックで固定しました。一応可倒式なのですがあらぬ方向に力が入るとだめみたいです。
ブレーキレバーは曲がって反対側に広がってしまいます。ヒモでしばってどうにかしました。
クラッチレバーの予備ならあったのですが…。
ま、とりあえず実用上問題の無いレベルにはなりました。

ぎっくり腰でキャンプ設営なんてのは最悪です。一挙一動苦痛を生み出します。
もうロケーションにこだわってる場合じゃありません。
08_camp.jpg 
力の入り方が悪いと激痛でかるく息が止まりそうになります。  
 
あたふたとあれやこれややってたら、楽しみにしていた冷えた缶チューハイを倒してしまい大半を失って小さめのアリさんたちが沢山やって来ました。 まだ冷たいビールがあるのが救いです。
08_camp4.jpg  08_camp3.jpg 
半分くらい食べてしまいましたが夕食の冷やしラーメンと生ハム。
太田光が「生ハムなんてあんなもん美味いわけねーじゃねーか。」とか言ってましたがそこだけは同感します。

だいたいキャンプの夜などそれほどする事はありませんが、もうこうなったら横になって寝る事くらいしかできません。
焼酎などを飲んで、9時過ぎに寝てしまいました。 
08_camp2.jpg 
エアマットと体の間が汗ばむので何度か寝返りをうとうとしましたがあお向けの状態から右にも左にも寝返りがうてません。
寝返りをうつのはあきらめました。 4時半すぎに目が覚めましたが起き上がるのに大変苦労しました。

まだ東京から山梨に入ってそれほどでもないので引き返そうかと思いましたが、撤去作業などをしてるうちに体が温まったのか
痛みが 多少軽減したので、一気に富山まで去年と同じルートで行ってしまうことに決めました。
大丈夫な気がした、としか言えませんが、林道に立ち寄るどころでないことだけは確かのようです。
08_matumoto.jpg  nagawado_dam.jpg
長野から岐阜にかけては天気がわりと良かったです。R158途中の奈川戸ダム(右)。 

富山に入ってからは降ったりやんだり。
08_tonamiheiya.jpg 
実家のある砺波平野。

どうにか午後、実家に到着しまし
た。

  1. 2008/08/18(月) 13:53:43|
  2. ツーリングとかキャンプとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ひさびさの奥多摩     2008/08/09

日帰りで奥多摩の林道に行ってきました。
気まぐれで行ってしまったので何の準備もしてません。
08_nippara_kaido.jpg 
日原街道。

倉沢林道の入口あたり。
林道走るのも久しぶりなのでちょっと緊張します。
08_kurasawa_iriguti.jpg 
倉沢林道はちょっとガレてます。ブーツも履いてないしとことこと走ります。
08_kurasawa3.jpg 
この日は曇ってたせいもありますが全体的に薄暗くて陰気な感じの林道です。
そこが良かったりもしますが。

前来たときはこんな放置車両はなかったと思いますが。こんなところに困りますね。
08_kurasawa2.jpg 08_kurasawa.jpg 
日原林道は日原街道の突き当たりにあります。
08_nippara_rindo.jpg 
倉沢林道に比べればずいぶん走りやすいです。
前回は通行止めだった気がしますが。ゲートがあるところで引き返します。

鍾乳洞のとこの食堂でそばを食べ小川谷林道へ。
08_ogawadani2.jpg 
 ここも走りやすい道です。
08_ogawadani3.jpg 

奥多摩周遊道路を行かず桧原村のほうにショートカットする鋸山林道へ行ってみました。
08_nokogiriyama.jpg 
ウグイスの鳴声が響きわたって大変気持ちよいです。

長くて景色の良いところもありますがここは簡易舗装がされてます。
08_nokogiriyama3.jpg 
日陰のところのアスファルトのコケはすべる事があるのでこわかったりします。

08_nokogiriyama2.jpg 

トンネルがありました。左下の黒いところにうっすら写ってます。  神戸(かのと)隧道と書かれてありました。
08_kanoto_tonneru.jpg 
トンネルの右側のほうには渓流と滝があります。
08_kanoto_keiryuu2.jpg 08_kanoto_keiryuu.jpg 
それほど大規模じゃありませんがごうごう迫力があります。水も冷たくてきれいです。

岩壁づたいに鎖が張られています。奥に行けということでしょうか。
しかたないので行ってみることにしました。MXブーツでなくて良かったかも。
08kanoto_chain2.jpg 
岩のあっちがわはどうなってるのでしょう。
08kanoto_chain3.jpg 
開けたところに出たなと思ったら、
08kanoto_chain4.jpg 
トンネルのあっち側に出たのでした。 
08_kanoto_tonneru2.jpg 
こっちは陰になってるせいか外観もブキミな感じです。
歩いてトンネルをひき返しました。 カメラのフラッシュであたりをつけながら歩きます。  
 
真っ暗だし、水は垂れてくるし、路面は荒れてるし、まじコワイです。
これなら岩壁を引き返したほうがよかったと思いました。
あとでどっかのHPみたら心霊スポットで中に霊がいるとかいないとか書いてありましたがやっぱり
それなりのことはあったのかもしれません。
知らないでよかったですが。


そんなこんなで帰ってきた日帰り奥多摩ツーリングでした。

  1. 2008/08/09(土) 10:19:29|
  2. ツーリングとかキャンプとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

傷だらけのホームイン     2008/08/06

TOKYO MXなるテレビ局がいつの間にやらできてましたが早朝に巨人の星を放送してます。
DSCF6171.jpg 
ちょうど大リーグボール1号と花形の対決のところでした。(第83話「傷だらけのホームイン」)
ホームラン予告する花形に大リーグボールをなげたところです。
DSCF6172.jpg 

星と花形をスターの座から引きずりおろす絶好の機会とほくそ笑む速水選手。(左)
DSCF6177.jpg DSCF6181.jpg
固唾を飲んで見守る一徹。

打った!
DSCF6182.jpg 
このシーン、記憶にのこってる方も多いのでは。

DSCF6184.jpg 
うおおおおおおおおおおおおおお!!(言ってなかったかな)

DSCF6187.jpg DSCF6188.jpg 
ぐああああああああ。(言ってなかったかな)

一徹: む、むぅうううっ!い、いかんっ!だれか、だれか花形を止めろーっっっ!!!
DSCF6190.jpg 
医者を呼べーっっ! 花形が死ぬぞーーっ!

そんなこと言ってももう遅いです。
DSCF6199.jpg 
大リーグボールを打ち取る特訓と戦いで肉体の筋肉がずたずたになり多数の骨折を負いながらも自力でホームインする花形。
DSCF6206.jpg 
ホームイン直後の花形。
DSCF6209.jpg 
こ、ここまでして大リーグボールを打とうとしていたのか…。
ライバルの奮闘に涙する飛雄馬。
DSCF6211.jpg 
真の男の戦いを見、自らのひれつさを悔悟し滂沱(ぼうだ)の涙をながす速水選手。
DSCF6214.jpg 
DSCF6216.jpg DSCF6217.jpg 
登場人物のだれかが言ってましたが、投げも投げたり、打ちも打ったり。
熱き戦いに感動し涙を流す観客とアナ。 不覚にもぼくも涙しました。

なんにせよ朝っぱらからボルテージを高めてくれる、忘れかけていた何かを思い出させてくれる、そんなアニメです。
あしたも楽しみです。

  1. 2008/08/06(水) 22:32:15|
  2. そのほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニホンカナヘビ     2008/08/04

わりと見かけるタイプのトカゲです。漢字にすると日本金蛇と書くそうです。
nihon_kanahebi.jpg
なんでカナヘビって言うのかわかりませんけどつぶらな瞳してます。

同じ種類のようですが、じゃれあってるのかケンカしてるのかはたまた食べてるんでしょうか。
腰あたりに咬みついてます。 こっちはこわい眼してますね。
nihon_kanahebi2.jpg 
指でつつくと咬まれたほうも十分動きはするんですが。
いずれにせよ仲良くやってほしいものです。
  1. 2008/08/04(月) 20:52:03|
  2. 自然観察とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2