SEOリンク
XLRで野宿と林道ツーリング お釈迦さまの坐像

XLRで野宿と林道ツーリング

XLRで野宿と林道ツーリング お散歩 料理 ほか

スポンサーサイト     --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お釈迦さまの坐像     2008/01/17

前回記事のボロ市で唯一買ったものがお釈迦様の坐像でした。

といっても真ちゅう製の高さ28mm幅15mmの小さなグリコのおまけみたいなものです。
budda_front.jpg 
右手指を下に向け地面に触れている印を降魔印(触地印)といって
お釈迦様が修行しているときにじゃまをしようとした悪魔を追い払った姿なのだそうです。
この姿の坐像を「降魔成道釈迦如来像」というのだそうです。
清明さんのブログで知りました)
雑念や誘惑をしりぞけて悟りに達した35歳のときの姿のようです。

ほかにも阿弥陀如来をはじめ観音様や千手観音だの阿修羅だのいろいろ箱に入ってたんですが仏教聖典なんかたまに
ぱらぱら見たりしてたのでさいきん身近な感じがするお釈迦様にしたんです。信仰というよりどっちかいうと畏敬の対象
ですね。
どことなくつくりが素朴に感じましたしちゃんとインド系ぽい顔つきなのも気に入りました。

budda_back2.jpg 
ウラです。梵字でしょうか。
ありがたい言葉がかかれてるに違いありません。

でもこの 「降魔成道釈迦如来像」 他で見るものとなんかちょっと違うような気がするんです。
左腕の下になんかまるいものが写ってます。
買ったときはうかつにも気づかなかったんですが形状や位置関係から見てどう考えてもちんちんの頭ですよね。
けっこう大きい気がします。自分を基準にしちゃいけませんが。
budda_right.jpg 
さらに拡大してご覧ください

どういうことかとgoogleで 「降魔成道釈迦如来像 性器」 とか 「お釈迦様 ちんこ」 とかで検索してみてもわかりま
せんでしたし、だいいち検索してて大変ばち当たりな気になってきます。
それともただのジョーク商品のたぐいだったのでしょうか。

でもこう考えてみることもできます。
これは腕でちんちんを押さえつけるようにして性欲に代表されるさまざまな煩悩に打ちかとうとする姿をあらわしている
のだ、と。
魔とは自分自身のなかに潜む煩悩どものささやきではなかったでしょうか。
いいえそうですともそうにきまってます。

いやーホントいい買い物してよかったなぁー。


budda_size.jpg 
サイズ比較もかねて鮭缶をあしらってみました。
くろいのはこま犬の置物なんですが。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/17(木) 18:19:26|
  2. そのほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

以前 <<世田谷のボロ市 | ホーム | ハウス印度カレー>> NEW

コメント


大変な珍奇な釈迦像ですね。
拝んでいるとそっち方面でご利益がありそうですので
キャッチコピー考えてヤフオクで高く転売出来るような気が。。。
  1. 2008/01/17(木) 22:48:19 |
  2. URL |
  3. ジバゴ #Nk1opOJ6
  4. [ 編集]

たしかにチン奇ですw。
たぶん東南アジアのどっかの仏教国で型に流し込んで大量に作られてるものなんじゃないでしょうか。男性性器をモチーフにしたおみやげ物なんかがよくあるような気がします。
お釈迦さまは信仰の対象じゃなくてまなぶ対象だとおもってますのでたまに顔を見てありがたい言葉でも思い出そうとおもいます。
  1. 2008/01/17(木) 23:39:33 |
  2. URL |
  3. yotchan #gom2Cigg
  4. [ 編集]

これはティンティンにしてはちょっとデカ過ぎるような… 邪念?www

教典とか?
  1. 2008/01/18(金) 00:44:13 |
  2. URL |
  3. 清明 #lEPD.dko
  4. [ 編集]

見る人によってもっといろいろ解釈できるような形だったらよかったんですが。
経典にしては丸っこくて先が割れすぎてる気がしますw
  1. 2008/01/18(金) 08:44:27 |
  2. URL |
  3. yotchan #gom2Cigg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ytzktks.blog94.fc2.com/tb.php/133-07557c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)